インターネット塾
▼ 塾を知ってほしい

▼ 初めてのインターネット

▼ 必要な情報を見つける


インターネット塾を知ってほしい

最近何かと回りで騒がしかったインターネットの話題も、ここへ来て要約落ち着きを見せはじめましたようです。企業や法人などで盛んにホームページを開設している中、個人でもホームページを持つ人が多くなってきたました。要約にしてインターネットも日本の世間にも浸透してきたのでしょうか。
回りの誰かがネットサーフしていてませんか?学校でも盛んにインターネットできる環境を整えていませんか?会社もインターネットに関心をしめしていませんか?
INTERNET SINSYU GENJIN
今やインターネットとで得られない情報は無いぐらいありとあらゆる情報が発信されています。
自分の趣味を生かすインターネットも、趣味としてインターネットを生かすも、とにかくインターネットを初めてみたい人、もっとよく知りたい人、ブームに乗り遅れてしまった人のために、このインターネット塾を活用してみて下さい。


入門 初めてのインターネット

とにかくまずインターネットしたい!っと焦っても具体的には何をどうしたらよいのか解らない。まずインターネットを円滑に活用するには、コンピュータ(パソコン)についての知識を身につけ、通信について、インターネットについての常識を身につける事が第一条件です。

インターネットについては、インターネット信州の中にあるページで「インターネットについて」を参照してください。コンピュータ(パソコン)について解らない事や問題が生じた時は、お持ちのパソコンの付属ユーザーマニアルを参照するか、又はメーカーのサポートセンターに問い合わせ下さい。

または、そのメーカーのホームページで参照することもできます。最近ではホームページ内でユーザーサポートの対応が充実しています。日本国内の主なメーカーへのリンク先です。

INTERNET SINSYU GENJIN

COMPAQ コンパック
FUJITSU 富士通
NEC 日本電気
IBM 日本アイ・ビー・エム
SHARP シャープ
Panasonic パナソニック
HITACHI 日立製作所


EPSON エプソン
DEL デルコンピューター
SOTEC ソーテック
OLIVETTI 日本オリベッティ
A-ONE エーワン
Apple Japan アップルジャパン

ここでは、ある程度の常識と知識を習得した人たち向けに、インターネットで出来る事やインターネットで得られる情報のヒントを提供していきたいと思っています。


インターネットで必要な情報を見つけるためには?

インターネット人口の中でもっと多くの人が行っていると思われる、ホームページを見ることを「ネットサーフィン」といいます。企業のページ、ファッションのページ、アーティストのページ、車のページなど、様々なホームページを見て歩く事なのです。

しかし、インターネットを初めたばかりの人にとって一番最初の問題は、自分が見たいホームページのアドレスが分からない事ではないですか?

最近ではCM、雑誌、新聞などの広告で目にする機会も多く、会社の名前や住所と一緒にホームページアドレス(URL)を掲載しています。そういった所からホームページアドレスを入手するのも一つの手段です。

それ以外の方法としては、検索ページを利用する事が円滑かつ即効性に優れていると言えます。


検索ページとは?
検索ページとは電話帳のようなもので、キーワードを入力すると該当するホームページの一覧が出てくるものです。また検索ページを「サーチエンジン」と呼びます。下に日本国内の主なページへのリンクをご用意しました。


Yahoo! JAPAN
NTT DIRECTORY
日本ネット
DRAGON
NIKKEI NET


infoseek Japan
HOLE IN ONE
Info Navigator
Open Text Japan
NETPLAZA


Senrigan 千里眼
J.O.Y.
TITAN
Yahho
ACARANAVI


BACK MAIL HOME

All text (C) 1996-98 ZOO Corporation. All rights reserved.