Internet Sinsyu - Internet Solution
専用線・バーチャルドメイン・LAN型接続


自社のホームページを持つ | SOHO(Smail Office Home Office)

O
自社のホームページを持つ

通常、自社のホームページを持つためには専用線を引き込み、サーバマシンを設置しなければなりません。しかしこの方法ですと、大変な費用とメンテナンスのための手間が発生してしまいますし、高速な専用線は高価ですから思ったような性能は(転送速度)が出ないことがあります。
そこで、自社のホームページを持つためにインターネット信州では「バーチャルドメイン」をお勧めいたします。 バーチャルドメインでホームページを製作しますと費用が大変安くなるばかりでなく、インターネットに接続されているサーバとして十分な転送速度をご提供できます。
特に、インターネットを介してアクセスしてくる一般の方はサーバの反応が悪い(=転送速度が遅い)と足が遠のき、アクセスしなくなってしまします。 これではいくらホームページを用意しても逆効果になってしまいます。

専用線とバーチャルドメインの比較

専用線接続 バーチャルドメイン
必要な設備 専用線、ルータ、サーバなどがお客様の負担になります。 必要な機器はインターネット信州に有るものを使用します。お客様には最低限ダイヤルアップでインターネット接続できる環境を用意していただきます。
費用 サーバ:数十万円
ルータ:数十万円
専用線:月額数万円
初期費用:5万円
月額費用:2万円
ダイヤルアップ契約費用
ハードウェアのメンテナンス 原則としてお客様御自身でメンテナンスしていただきます。 インターネット信州でメンテナンスいたします。
ホームページのメンテナンス 原則としてお客様ご自身でメンテナンスしていただきます。 原則としてお客様ご自身でメンテナンスしていただきますが、弊社で行うことも可能です。
サーバ回線の太さ 専用線の太さまで(64Kなど) 192kbps
電子メールアドレスの数 無制限
(ただしお客様ご自身での設定が必要です)
メーリングサービスの契約が必要です
(月額 1000円/件)
CGI等の特殊なホームページ 無制限
(ただしお客様ご自身での設定が必要です)
  • アクセスカウンタ
  • アンケート
  • 掲示板
  • ShockWava,VDO など
  • その他
※サーバ機の制限により実現できないものもあります。


BACK MAIL HOME

All text (C) 1996-98 ZOO Corporation. All rights reserved.